フリーコール 0120-887-933
交通アクセス
お問い合わせ
資料請求
トップ » 学校紹介 » 推薦のことば

推薦のことば

推薦のことば 2014年 京都自動車専門学校 KCGグループ加入にあたって

「カワサキZ1/Z2」 開発者責任者

大槻 幸雄氏(工学博士・元川崎重工業常務取締役・元日本ガスタービン学会会長)

Profile

1954年 京都大学工学部機械工学科卒業

現在も世界中で人気のオートバイの最高傑作,カワサキ「Z1(ゼットワン)」,「500SS mach III(マッハスリー)」の開発責任者。カワサキGPオートバイレース初代監督でもある。また,独自技術でゼロから開発を手掛け世界最高の20,000kW級熱効率を生み出した純国産ガスタービンの開発責任者で,現在,日本ガスタービン学会名誉会員。

技術者には魂が必要です。私もオートバイ「Z1/Z2」などを開発するにあたり,「世界一の物を作る」という目標を高く掲げ,気概と覚悟を持ち挑戦し続けてきました。ますますグローバルな競争が進む今日,日本の自動車産業には整備士をはじめとする優秀な技術者が求められています。整備士にとって,世の中の技術の発展,推移に遅れをとらないためには,IT(情報技術)の知識を備えることが必要不可欠でしょう。京都自動車専門学校で学び,技術と知識を身につけ,時代が求める自動車整備士として,日本のみならず,世界中で活躍されることを心から祈り,応援しています。

大槻 幸雄

「カワサキZ1/Z2」 エンジン設計開発者

稲村暁一氏(元川崎重工業技術部部長・元ケイテック代表取締役社長)

Profile

1958年 大阪府立大学工学部機械工学科卒業

川崎重工業初の4ストロークエンジンW系エンジン開発チーフを経て,世界初の量産4気筒DOHCエンジンで,当時世界最高性能の名機Z系エンジンを設計開発。以降歴代のカワサキ4サイクルエンジンを開発する。

日本は世界に冠たる工業力を有しています。自動車産業もその優秀な技術力を遺憾なく発揮して世界をリードし,あらゆる国のドライバーに快適な空間と利便性を提供しています。私がエンジンの設計を担当して開発したオートバイ「Z1/Z2」モデルは,発売から40年を経た今も,世界中の人から愛され続けています。これは技術者冥利に尽きることです。ただ,自動車産業・業界も転機を迎えつつあります。EV(電気自動車)時代はもう間近に迫っています。今こそ,IT(情報技術)の知識を備えたカーエンジニアリングが求められる時です。京都自動車専門学校はまさに,これからの時代の自動車産業を支える人材を育成する場です。
世の人達が望む製品,サービスを明確に設定しそれに向かって邁進する事が大切であると考えます。

稲村暁一
PC | スマートフォン