京都自動車専門学校は日本最初のコンピュータ教育機関である京都コンピュータ学院の関連校です

0120-887-933
入学相談窓口

トップ » ニュース » 新型コロナウイルス感染症予防のためのKCGグループの対応(5月1日更新)

新型コロナウイルス感染症予防のためのKCGグループの対応(5月1日更新)

2020年04月15日

5月1日更新 : 入構制限措置期間を5月31日に変更

新型コロナウイルスに関連する感染症の広域拡大に伴い,京都情報大学院大学,京都コンピュータ学院,京都自動車専門学校のKCGグループは,学生及び教職員の罹患を防ぐために, 本年1月31日付で新型コロナウイルス対策本部を設置し,以下の対応をとっております。

当グループは新型コロナウイルス感染症への緊急対策として,3月より授業などの学校業務をサイバースペースに移転しています。2020年度春学期の授業については,京都情報大学院大学,京都コンピュータ学院はeラーニング(インターネットにより自宅でも学習できるシステム)形式授業にて行います。また,学生がeラーニング受講のための環境を準備する期間を設け,開講を4月17日(金)に延期するとともに,就職活動に影響する授業など一部の科目を除き,授業開始を5月7日(木)以降とします。また, 5月末までの期間は,学生は全学入構を制限する措置をとります。6月以降も,学生は,原則として登校しないこととします。やむを得ず登校する場合も,マスクの着用,入館時の手指の消毒を義務づけ,発熱や呼吸器症状,倦怠感等がある場合には,登校できないこととしています。京都自動車専門学校は実習が伴う授業も多いため,学生の技術修得の進捗に支障をきたさないよう,感染防止を第一に,eラーニングも含めさまざまな方法を活用して授業を進めます。

すべての学生に対しては,不要不急の外出を自粛するとともに,密閉・密集・密接の「3密」が重なる状況を避けるよう,強く要請しています。感染予防に関する情報,体調不良の際の相談窓口について周知し,不安なことがあればメール等で各校の事務室に相談するように案内しています。入学式等の学校行事は中止し,統括理事長,学長の式辞を配信いたしました。就職指導等各種の学生指導,行事についても,学生に対するサービス維持に配慮しながら,サイバースペース内で実施していきます。

新入生に対しては,複数の日程に分けて,受講開始に必要な最低限の手続きを短時間で行い,入館時の検温,マスクの着用,手指の消毒および渡航歴の確認を徹底しました。新入生は本学のeラーニング受講が初めてとなることから,まず各自の自宅の通信環境やパソコンなど必要機器が整っているかを確認し,受講方法を丁寧に説明するなどして不具合にならないよう努めています。学生証や教科書は,郵送するなど,極力学生が登校しないで済むように配慮しました。

学内の事務作業も一部の例外を除いてサイバースペース内で実施することにし,教職員は可能な限りテレワークとしています。

今回の措置の期間は,感染状況や政府発表など動向を注視して判断することにしています。

外部の方の当グループへの来校は,極力お控えいただき,面会が必要な場合も,原則としてオンラインでの対応とさせていただきます。当グループへ来校をお考えの際には,事前にメール等でご連絡をいただけますようお願いいたします。なお,電話や窓口での対応の一部停止や対応時間の短縮をさせていただいておりますので,ご了承ください。

感染防止のために国を挙げての取り組みが続いております。KCGグループは,引き続き感染防止に向け最大限の取り組みを継続いたします。なお,一部報道やSNS等において,感染した方や所属する組織への過剰な批判や誹謗中傷があることは大変遺憾であります。本学KCGグループは,それぞれの組織・機関における感染予防に向けた取り組みに対して賛同し協力を惜しむものではありません。そして,若い学生の皆さんの可能性を共に守り育て,社会を維持発展し未来を創造することに寄与していきます。

資料請求
オープンキャンパス