京都自動車専門学校は日本最初のコンピュータ教育機関である京都コンピュータ学院の関連校です

0120-887-933
入学相談窓口

トップ » ニュース » 授業料・入学金減免,奨学金支給の対象校に認定されました

授業料・入学金減免,奨学金支給の対象校に認定されました

2019年09月20日

経済的理由により修学に困難をきたすとされる高等教育機関の学生に対して授業料・入学金の減免や,学生生活費を支援するための給付型奨学金(返済不要)を国が支給する「高等教育の修学支援新制度」に,京都自動車専門学校(KCGM)と京都コンピュータ学院(KCG)がこのほど,対象校として認定されました。この制度は文部科学省が2020年4月から実施します。新入生だけでなく在学生も対象となります。

この制度の対象校となるには,実践的教育の充実や定員充足率など,一定の基準を満たす必要があり,KCG,KCGMとも問題なくクリアしました。

減免されるのはKCGの場合,授業料が最高で50万円、新入生の場合は他に入学金分16万円,KCGMは最高で授業料45万円,入学金10万円と,いずれも授業料および入学金の全額分に当たります。給付型奨学金は最高で自宅生46万円,自宅外生91万円。授業料および入学金減免・奨学金とも住民税非課税世帯はこの満額,年収300万円未満の世帯は3分の2,300~380万円世帯は3分の1が支給されます(ただし両親・本人・中学生4人家族の場合。家族構成によって対象や減免・支給額が若干変わってきます)。

支給を受ける学生には学習意欲が問われ,在学中の取得単位数や成績などによって支給を打ち切られる場合があります。

この制度は,保護者に経済力がないことで,子供たちが希望する高等教育を受けられないことがないよう支援し,格差が固定されないようにしようと,安倍政権が打ち出す「人づくり革命」の中で「幼児教育・保育の無償化」とともに議論されてきました。財源には2019年10月からの消費税率引き上げ(8%→10%)による増収分から充てられる見込みです。

文部科学省「高等教育の修学支援新制度」
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/index.htm

資料請求
オープンキャンパス