フリーコール0120-887-933
(入学相談専用)
トップ » ニュース » KCGグループが京都自動車専門学校を吸収合併

ニュース

KCGグループが京都自動車専門学校を吸収合併

2014年08月01日

KCGグループ(京都コンピュータ学院=KCG,京都情報大学院大学=KCGI 等)は,四半世紀にわたって自動車整備士を養成・輩出してきた京都で最も伝統がある京都自動車専門学校(京都市南区東寺東門前町73)を吸収合併しました。このほど同校の設置者を学校法人 京都コンピュータ学園に変更する手続きが全て滞りなく終了。2014年7月1日付で京都自動車専門学校の設置者であった学校法人 京都工業総合学園の清算が結了して,同法人は解散しました。

本格的な電気自動車(EV)時代を間近に控える中,京都自動車専門学校はKCGグループが運営・経営することで,ITや自動車制御も学べる前例のない自動車整備学校に生まれ変わります。従来のブレーキなど旧来の走行メカニズム等を中心とする教育に,コンピュータ化・電気自動車化などCar IT時代を見据えて組込みシステムを主として教育してきたKCG自動車制御学科のカリキュラムが加わり,これまで以上に自動車産業を担うカーエンジニア育成の場として,業界関係者らから期待されています。この吸収合併(設置者変更)により,さらに充実した教育を進めていきます。

なお,旧設置者による京都自動車専門学校の既卒業生(中退生を含む)の,卒業証明書・成績証明書など各種証明書類の発行等を含む学籍管理は,京都コンピュータ学院が責任をもって引き継ぎますので同校の既卒業生(中退生を含む)への不利益は一切生じません。

PC | スマートフォン